年金代わりにも使える不動産投資

サラリーマンの人は国民年金と厚生年金の両方に加入ができます。
そのため、老後資金にも困ることは少ないです。
しかし、自営業の方には厚生年金というものがありません。
国民年金だけだと月額6万円ほどにしかならないので、これだけでは生活をしていくのは難しいかもしれません。
そこで便利になるのが不動産投資です。
安くてもいいのでマンションの一室を所有し、それを誰かに貸し出すだけで、月々数万円の家賃収入が入ってきます。
毎月数万入ってるわけで、これは厚生年金の代わりとして使うこともできるでしょう。
将来が不安なら不動産を購入しておくのはいい方法になりそうです。
もしも借り手が見つけられなければ自分で住めばいいだけですから、最初の一室を購入することには抵抗を感じる必要もありません。
不動産は、実はインフレ対策としても優秀です。
将来インフレして円の価値が下がっても、それに合わせるようにして家賃の額を変更していけばいいだけだからです。