円高対策にもなる国内不動産投資

アメリカ株などを買って資産運用している人は日本にも大勢います。
しかし、外国株は為替の変動によって大きなダメージを受ける可能性が高いです。
円安になるのならむしろ得ができるのでいいのですが、将来必ずしも円安に向かうとは限りません。
下手をすると、史上類を見ないぐらいの円高に振れてしまう可能性もあるのです。
円高になると、外国株の価値は目減りしてしまいます。
最悪、半分の価値になるということも考えられます。
安全のためには、国内の不動産にも投資をしておくのがいいでしょう。
国内不動産なら、円高になっても基本的にダメージはありません。
なぜなら、為替リスクがないからです。
そもそも円での運用になるので、円とドルの関係がどうなろうとも損得は発生しません。
これは、国内不動産投資の大きなメリットの一つです。
ただ、海外不動産投資なら海外株と同じように為替リスクが発生してしまいます。
不動産投資なら何でもいいというわけではない点に注意しましょう。